海外事業

日本磁力選鉱は創業間もない1953年より海外への製品納入実績を持ち、アジア・ロシア圏を主に展開を行って参りました。
近年は韓国・中国、更にはインド、東南アジア諸国への展開を進めています。

[磁選機輸出第1号] 1953年2月8日
フィリピン向けの湿式交流磁選機を受注。
当社にとって最初の輸出であった。
当時としてはかなり大型機で、屋外に三脚の柱を立ててチェーンブロックを用いて組み立てた。機種はWDA。従来木製の枠であったものを鋼製に変えるなどの対応に心掛けた。
磁選機納入 1953 フィリピン 輸出第1号(湿式交流磁選機)
1958 スリランカ(旧セイロン) 国立イルメナイト公団
1963
2006 韓国 POSCO 光陽製鉄所
2007 中国 馬鞍山鋼鉄 武漢鋼鉄 宝鋼集団
2008 韓国 POSCO 光陽製鉄所
2009 中国 広州JFE鋼板 首鋼集団
2010 中国 首鋼集団
2011 インド タタ・スチール
中国 宝山鋼鉄
2012 中国 宝山鋼鉄 馬鞍山鋼鉄 攀鋼集団
2013 インド JSWスチール
中国 山西大鋼
2015 中国 首鋼集団
2016 中国 浙江日新 宝鋼湛江

 

スラグリサイクル
技術協力
1980 韓国 POSCO 浦項製鉄所
1990 韓国 三星重工(株)
1992 韓国 POSCO 光陽製鉄所
1993 ウクライナ マキエフカ製鉄所
2002 韓国 POSCO 浦項製鉄所
2005 中国 宝鋼集団
2006 中国 中鋼設備有限公司
2007 ロシア チェリアブギプロメズ
2010 中国

 

スラグリサイクル
設備納入
1984 中国 宝鋼集団
1993 韓国 POSCO 光陽製鉄所
ウクライナ マキエフカ製鉄所
合弁会社 1988 韓国 仁川選鋼
1999 韓国 韓国MATICS
※磁力選鉱機器製造販売
2007 中国 上海開拓磁選金属有限公司
※ステンレススラグリサイクル